現金化を考える

闇金よりも怖いクレジットカード現金化

現金をすぐに用意するのに、クレジットカード現金化は非常に便利な方法です。ですが安易に行わない方がいいでしょう。クレジットカード現金化は、闇金を利用するよりも損をする可能性があるって知っていますか。
■情報が漏れる
クレジットカード現金化はインターネット上のみで手続きをすることができます。顔をださなくていいために、悪質な業者も存在しています。悪質な業者を利用してしまうと、闇金に個人情報が流される可能性があります。
闇金業者に個人情報を捕まれてしまうと、弱みにつけこまれて悪い誘いを受けやすくなります。1度闇金を利用したことのある人と同じような状況になってしまう可能性があります。
カード情報を渡してしまい、悪用されるケースもでています。カード情報を知られてしまうと、カードを使われて、身に覚えのない請求書か届いたりもします。
■金利がものすごく高い
クレジットカード現金化は、審査もなく簡単に現金をつくることができるため、借金という感覚は生まれにくいかもしれません。ですが、ものすごく条件の悪い借金をしていることになるのです。
業者はそれぞれ還元率や手数料などを決めており、利用者はそれぞれの業者が提示するそれらの条件を見て、できるだけ損をしないように、できるだけ多く現金を得られるような業者を選びます。得られる金額と最終的に支払う金額を比べると、消費者金融なとで借金をした方がよっぽどマシでしょう。
後でカードの利用料金の支払いがあることを忘れてはいけません。単に借金を重ねている場合は、どうにも息詰まってしまったときに、自己破産という救済措置をとることができます。クレジットカート現金化をしたことが発覚すると、自己破産という自分を救済するための方法がとれなくなってしまいます。
■損をするのは確か
緊急の時や、一括で支払いが可能だと見込める場合のみとる手段にしましょう。また、現金化をする場合も、カード会社には知られないようにこっそりと行うようにしましょう。

関連記事